ブログmikanketsu

アニメと大学受験と美味しいご飯と他何か。

【英文法】what with A and what with B の意味・説明・一考察

f:id:mikanketsu:20200611203121p:plain

what with A and ( what with ) B「AやらBやらで」

what with A and B

もしくは

what with A and what with B

で、「AやらBやらで」

という意味になります。

高校生の人は、おそらく英語の授業で「関係詞」の単元のうち、

「関係代名詞what」の項目で覚えておくべき慣用表現の一つとして

唐突に出会うものだと思います。

よく、口語表現的なものですよ~という注釈がつくことが多いです。

 

まあ、「とりあえず暗記しておこう」というスタンスの高校生が多いと思いますが、

  • なぜwhat withってカタチをしているの?
  • なぜ「AやらBやらで」って意味になるの?

と気になる人もいると思うので、私なりに書いておきます。

 

よく文法書で調べたり、ネットの色んなサイトページを見たりすると、

『このwhatは名詞の副詞的対格として用いられ、ここではpartlyとほぼ同義で用いられている。』

みたいな説明がされることが多い印象です。

もし私が初見の高校生だったら

「はぁ???」

 

【名詞の副詞的対格とは?】

例えば、「yesterday」という単語の品詞を考えたことはありますか?

「yesterday」って何詞でしょうか。

『昨日』という意味の「名詞」ですが、

文中で用いられると時を表す「副詞」としての用法もあります。

1. Yesterday was Friday.

 →yesterday=名詞

2. I went to school yesterday.

 →Yesterday=副詞

2.の文のように、名詞を副詞として用いるこの用法を「名詞の副詞的対格」といいます。

 

 【この構文の成り立ち】

what with…のwhatは、本来somethingやsomewhat(幾分)が原義でしたが、

歴史を経てpartly(幾分、一部)として解釈されるようになりました*1

 

what with…は最初what for…でした。

withもforも理由や原因を表していて、

what with(for) A and what with(for) Bという形で使用され、

「部分的にはA,そしてまた別の部分的にはBという理由で」の意味でした。

 

この意味が変化し、forもwithにとって代わられ、

「Aという理由があるうえに,またBという理由もあって」となり、

最終的に「AやらBやらで」に解釈されるようになりました。

現代では、2個目のwhat withは省略するのが普通だそう。

 

【what with...のwhatの用法を納得するための一考察】

 高校英語では、whatは関係代名詞の項目で紹介されることが多く、

  • what with A and what with B のカタマリは名詞としてS,O,Cにならないじゃないか...
  • 文法の例外として無理矢理暗記するしかないのかな...

としてごまかす人もいたのでは?(私です)

 

私が文法の範疇で納得するための思考フローは

  1. whatは関係代名詞*2なので名詞の働き
  2. 名詞は使われ方によって副詞にもなる(名詞の副詞的対格)
  3. what with...のwhatはsomewhat(幾分)のwhatなのでpartly(幾分)の意味になる

 

この赤字部分は私の納得の仕方です。

あまり他に見ないので、私の一考察とさせていただきます。

『このwhatは名詞の副詞的対格として用いられ、ここではpartlyとほぼ同義で用いられている。』

という類の説明で、唐突にpartlyが出てくるのはこれが理由ではないのかなと思っております。

somewhatのwhatと考えると、副詞っぽく作用する理由に納得がいきました。

 

【ブログメモ】

 

 

*1:江川泰一郎(1991)「英文法解説 改訂三版」金子書房p.86

*2:当然、疑問代名詞でもありますよ!ただ、どちらにせよ、whatのカタマリは100%名詞のカタマリをつくります。ここでは「高校英語では、whatは関係代名詞の項目で紹介されることが多く」の部分を受けてこのような記載にしました。

目でじわじわ訴えてくる『コンビニ仏』・他【インディーアニメ紹介】

 

趣味で深夜のブログ巡回・アニメ巡回をしていたら、シュール系で手軽な長さのインディーアニメをみつけたのでご紹介。

以下、全て同一人物の方の作品。

『コンビニ仏』

こーゆー発想があったか...!

と思わせるような作品。

www.youtube.com

2分で収まる長さ。

この作品をアップロードしているYouTubeアカウント名「Cheap Sweets」のごとく駄菓子感覚でサクッと楽しめました。

じわじわ来る系のアニメ。

これを見たときの私は割と心が荒(すさ)んで病んでいたのだけれど、

おもわず「...フフッ...」って笑ってしまった。

静止画では伝わらないので、動画で見て欲しい。

 

f:id:mikanketsu:20200607171005p:plain

そんな目でコッチを見ないで...

この『コンビニ仏』以外にも仏様のシリーズがある。

reunion

こっわ。

冒頭はもうBGMと合わさってホラーかと思った。

www.youtube.com

 「これは深夜に見たらダメなやつやん」と思いつつ、

最後まで見たら安心した。

むしろ女の人が勘違いとはいえ巻き込まれて可哀想!

f:id:mikanketsu:20200607173553p:plain

薄暗い路地をこんな絶妙な顔の人形?みたいなモノが追いかけてきたら怖いわ。

セグウェイに乗っているみたいにスーッと移動するのが不気味なのかしら。

夜に見ても大丈夫です。

『常時ヒーロー』

困っている者の味方。

常に子供の前ではヒーローであらねばならない。

そんなヒーローの矛盾と葛藤と皮肉。

www.youtube.com

スーパーヒーローだったり、悪vs正義の味方的な勧善懲悪の王道作品だったり

いずれも依然として健在だけれども、

最近では悪役にも悪役の正義観があることにフォーカスした作品も増えつつある。

一例を出すと、ポケモンロケット団とか。

魅力的な悪役という存在は、時に作品を引き立てる。

こんなものを思い出した。似たような2chコピペもある。

正義の味方

  • 自分自身の具体的な目的がない
  • 相手の夢を阻止するのが生き甲斐
  • 常に何かが起こってから行動
  • 受け身の姿勢
  • 単独〜少人数で行動
  • いつも怒っている

悪の組織

  • 大きな夢、野望を抱いている
  • 目標達成のため研究開発を怠らない
  • 日々努力を重ね、夢に向かって手を尽くしている
  • 失敗してもへこたれない
  • 組織で行動
  • よく笑う 

民明書房刊『世界の秘密組織集:一の巻~正義と悪、その系譜~』より

 悪の組織が会社組織と似ていることから、私を含めた視聴者側の共感を得やすくなっているという理由もある。

...ちょっと脱線した。

悪役も完璧な悪ではないし、正義の味方もいつも完璧ではない。

悩んでいる怪獣。子供を見るやいなやその怪獣を蹴ってしまうヒーロー。

お互いのギャップ萌えと皮肉さがイイネ👍

f:id:mikanketsu:20200607181414p:plain

「やっちまったなぁ...」って考えてそう。

「ヒーローも人間だし、こーゆー場面現実でもあるよなあ」

って思いながら見させて頂いた。

『旅立ち』

真面目そう。綺麗だなぁ。

でも突っ込みどころがある。

乗り物。

もし続きがあれば見たい。

www.youtube.com

サムネイルにもなっている、これから旅立つであろう城?都市?

を見つめて登場人物が立っている姿がきれい。

f:id:mikanketsu:20200607182647p:plain

これ遊園地やデパートの屋上とかににあるアレだよね?

 

『うさなわとび』

f:id:mikanketsu:20200607183513p:plain

あーあ、子供泣いちゃった。

動きで笑わせるのずるいよなー。

www.youtube.com

2017年に投稿されていて、他のものより再生数が伸びていたから見てみた。

一番の見所はやっぱり最後だと思う。

かわいいウサギが高速で縄跳びしたらシュールだもん。

 

仏様が募金を半ば強要したり、

ホラーとみせかけてハートフルだったり、

正義の味方が悩んでいる怪獣を蹴ったり、

真面目な旅立ちだけど乗り物がアレだったり、

かわいいウサギがヌルヌル縄跳びしたり、

笑いには「ギャップ」が必要なのかと認識しながら

笑わせていただいた。

 

この5作品以外も面白い

「Cheap Sweets」さんはチャンネル登録者数114人(06/07/2020現在)。

バズっているもの以外は平均3桁再生回数。

もっと伸びてもいいのになぁ。

コメント欄から推測する限り、趣味として不定期に更新されているようなので、気長に待ちたいと思う。

f:id:mikanketsu:20200607185524p:plain