mikanketsu

アニメと大学受験と美味しいご飯と他何か。

天気雨「きつねの嫁入り」にラブコメの波動を感じる【発掘シリーズ】

www.youtube.com

ブコメの波動を感じます

いろいろ賛否を言われている「ニコニコ動画」ですが、ニコニコ動画の特徴のひとつに「タグ機能」があります。

タグによってニコニコの動画・生放送・静画などがカテゴリごとに分類されることで、視聴者はお目当てを探す手間が省けたり、視聴者に新しい出会いをもたらしてくれたりしますね。

ときどきタグは荒らされることもあるけれど、大喜利が成立している秀逸なタグも存在しています。

その中でも「ラブコメの波動を感じる*1タグや「2828動画」タグは、文字通りラブコメを彷彿とさせるボーイ・ミーッ・ガール展開でおもわずニヤニヤしてしまうシーンを集めた動画に付くことが多いのです。長いので「ラ波感」と省略されることもあります。

 

私のマイブームはこの「ラ波感」タグのついた動画を巡回することです。

端から見たら取り戻せない青春を取り戻そうと必死そうですね。私のことは笑ってください。

でも、他人の恋愛事情を観察するのって楽しいじゃないですかぁ~

そんな歪んだワクテカした気持ちは「ラ波感」タグ動画によって満たされるのさ。

今回紹介する自主制作アニメは黒木彩歌さんの「きつねの嫁入り」です。

制作者・紹介動画の詳細など

・制作者:黒木彩歌

・黒木さんのYouTubeチャンネル:こちらから飛べます。

・作品概要

卒業制作作品『きつねの嫁入り』

きつねの女の子、天子(あまこ)は生まれた日も、遠足や遊園地に行く日も、運動会も学芸会も誕生日にも雨が降る、典型的な雨女だった。小学校に入って初めての運動会を控えたある日、幼馴染の風徒(ふうと)に雨女であることをからかわれてしまう。天子は運動会を休み、その日は晴れになったが、風徒は自分の言った言葉を気にして家にこもっている天子を外へ連れ出す。 これは雨女の天子が嫁入りをするまでを描いた物語。

卒業制作のようですね。

この黒木彩歌さんという方を調べてみて、アニメーションに関する記事が何件かヒットしました。

同一人物ですかね。

 

・『すのはら荘の管理人さん』#7「お化け 宿題 マッサージ」*2

・『つうかあ』各話 撮影協力 SILVER LINK.スタッフとして*3

・『I字型とU字型』MVのアニメーション

 声優の素人感は自主制作アニメ独特の味

登場するきつねたちはみんな可愛い。

キャラクターに愛嬌があるという意味でも可愛いし、単純に絵が上手いから可愛い。

f:id:mikanketsu:20190809235114p:plain

f:id:mikanketsu:20190809235141p:plain

そして以外と、(というと偉そうな言い草で申し訳ないのですが、)

音楽もいいんですよ!是非観てみてください。

 

声に関しては、YouTubeのコメント欄でも言われていましたが、やはりセリフは素人らしい棒読みでした。

棒読み過ぎて作品の内容が頭に入って来ないというと問題ですが、「きつねの嫁入り」はそんなに気になりませんでした。

むしろ絵や音楽が良い分、自主制作アニメの醍醐味として機能しているようにさえ思いました。

別に商業目的で制作しているわけでなく、自主制作なのだから、声優の素人感は自主制作アニメーションが持つ特有の個性だとして観るとよいのかな~

最後にちょっとした見所のメモ

アニメーションは10分強なので、すぐ見られるのですが、

ここイイネ!(・ω・)b というシーンを載せておきます。

二匹だけの放課後の運動会

4:01~6:06  

『匹』を『人』にして「二人だけの放課後の運動会」って書くと、イヤらしく聞こえませんか。

何も起きないはずないよな!?って勝手に期待しちゃいませんか。

これがラブコメの波動です(適当)

玉入れの机の周りを嬉しそうに回る天子(てんこ)と風徒(ふうと)の二匹が微笑ましい。

風徒が目を開くシーン

お前目開けんのかい。

数カ所しかないので、ギャップ萌え狙いか。

相合傘

ぶっちゃけ、ラストの白無垢で微笑む天子ちゃんよりも、甘酸っぱいボーイ・ミーツ・ガールを感じられる相合傘のシーンがお気に入りです。

f:id:mikanketsu:20190810000615p:plain

 

 

 

夏のノスタルジックな自主制作アニメを紹介するよ【発掘シリーズ】

心がギュッとされるようなノスタルジック味を感じるアニメーションを観たくないですか?

特に現実世界で疲れている人にオススメしたいので、ノスタルジックなアニメや画像の魅力を知ってもらえれば嬉しいです!

 

タイトルは「セトウチ夏便り」

www.youtube.com

ニコニコ版はこちらに貼っておきます。

作風:夏のノスタルジック

制作者である犬丸さんは自身のプロフィールに、

「イラストはノスタルジック系が好き」

と明記されているので、きっと作者自身が好きな作品なんだろうなと思いながら鑑賞しました。

作者が好きでないとこちらも好きになれないからね!

ノスタルジックとは、古いモノを懐かしむ気持ちや様子です。

日本語では少し難しく「郷愁」って言いますね。

f:id:mikanketsu:20190627030433p:plain

本編1:33付近

f:id:mikanketsu:20190627030528p:plain

本編0:34付近

ピンと来ない人は、のような絵を見たときに

「おばあちゃん家みたいで懐かしいし爽快感と情緒がある!」

みたいに感じる、その気持ちがノスタルジックです!

一番のポイントは視聴後の“カタルシス

YouTubeでもニコニコでも共通していたこの作品の感想は、

 

  • 新海誠監督みたいな雰囲気
  • 透き通っている
  • 情緒的で綺麗

 

 というものでした。

自分も同感です。

「透き通っている」「情緒的」「背景や情景が繊細で綺麗」という言葉を、有名な人の名前で例えたら「新海誠」という名前が出てくるんだと思います。

 

さて、ノスタルジック系の絵や画像や動画の個人的な良いポイントは、

カタルシス(浄化作用)

だと思っています。

「透き通っている」「情緒的」といった感想の言葉がそれを示しています。

カタルシスとは、「浄化」だとか「純化」とも言いますね。

誤解を恐れず言うと、日頃積み重なったネガティブなものを、ポジティブなものにしてスッキリさせるイメージですかね。

 

例えば仕事帰りや学校帰りの場面を想像してくださいよ。

人によっては充実した、またある人によっては慌ただしい現実の一日が終わって、その日の一日分の疲労がこみ上げてくることはありませんか?

ノスタルジック系の作品は、鑑賞することでその世界観へ感情移入して現実逃避が可能となるのです。

作品中で展開される世界観へ没入することによって、日常生活の中に鬱積していた感情が解放される感覚はマジで病みつきになりまっせ

だから私はアニメが好きですし、疲れている人にはノスタルジック系のジャンルをオススメしています。

 f:id:mikanketsu:20190627032151p:plain

作品と関係者概要

約3分のアニメーション。

曲とともに、眼鏡の女子中学生が、舞台と思われる瀬戸内の色々な場面にいるシーンのダイジェスト。

妹ちゃんの服装、車窓の水田、青空に浮かぶ夏雲、さまざまなものが瀬戸内の夏の訪れを知らせる。

......みたいにそれっぽく概要紹介文を書いてみた。

 

最後に制作者の方と携わった方を紹介しておきます。

 

制作者:犬丸

www.pixiv.net

曲『雲のつばさ』:うた ひと里

twitter.com