未完結ブログ:ラーメンとアニメと英語がメインの趣味ブログ

「カテゴリー」からお好きな記事へどうぞ。

【神奈川】横浜『鶴一家』で家系ラーメンを食べた。

この『鶴一家』さんは、24時間営業しています。

すごいですね。

深夜に食べられる横浜のオススメラーメンとして色々なブログ記事に載っていたので、気になって行ってみました。

お腹が空いていたのでチャーシューをTPしてしまいました。

スープはカエシが強くなくで、やさしめの味でした。

すごく大きなインパクトはありませんが、優しさと抱擁性を感じる味でした。

個人的には麺を柔らかめにするとベストでした。

↓こちらの方のブログに詳細があるので、ぜひそちらを見てみて下さい

ラーメン大好き・特に家系。 鶴一家@横浜

 

店の外観

場所・地図

 

【神奈川】藤沢『達磨家』鶏チャーシュートッピングの家系ラーメン。

藤沢駅周辺は家系ラーメンのお店が少ない印象が私にはあります。

ぜひ藤沢にも美味しい店炊きの(セントラルキッチンではない)家系ラーメンという選択肢が豊富になって欲しいなぁと願っています。

 

さて、仕事終わりの深夜に食べられる店はないかと探していて、出会ったのが今回の『達磨家』でした。

金曜土曜が深夜1時まで営業してくれており、それ以外の曜日でも23時まで営業しているので、深夜にラーメンが食べられるのがメリット。

 

普通、チャーシューと耳にすれば豚肉を思い浮かべますが、ここでは鶏チャーシューTPもあるということで、鶏チャーシューにしてみました。

いいですね。鶏肉、美味しかったです。

ただ、スープや麺が飛び抜けて美味いかと訊かれたら、正直私はそこまでではなかったです。

店の外観

場所・地図

 

はじめて『田所商店』で味噌ラーメンを食べてみた。

タイトルの意味は、はじめて『田所商店』に訪問したという意味であって、別に味噌ラーメンをはじめて食べたわけではありません。

私の個人的な好みの問題なのですが、味噌ラーメンは他のラーメンと比べたときにそんなに食べたいと思わない部類です。

ただ、年に何回か濃厚な味噌ラーメンが食べたくなる瞬間が去来していきます。

味噌ラーメンが食べたい気持ちがピークのときに、たまたま近くに『田所商店』があったし、「そういえば入店したことないな~」ということで訪問することに。

ポテトが乗っているのでお気づきでしょうが、「北海道味噌炙りチャーシュー麺」を注文しました。

当然私の舌はもう味噌を欲していたのもあって、味は美味しかったですが、費用対効果を考えれば予想の範疇で妥当な美味しさだなという感想です。

炙りチャーシューが分厚くて食べ応えがあって満足感が大きかったです。

 

おそらく次の「無性に味噌ラーメン食べたい気分」は半年後くらいに来るので、そのときに果たして『田所商店』にお世話になるのだろうか...と考えながら完食。

ごちそうさまでした。

 

あとで調べたら、店舗数は150以上なんですね。

海外店舗もいくつか展開しているようですし、親会社の名前の通りインターナショナルですね。

※親会社は、株式会社トライ・インターナショナルです。

 

【神奈川】東戸塚『壱八家』東戸塚本店で家系ラーメンを食べた。

この日は家系ラーメンが無性に食べたくなったので、仕事帰りに東戸塚駅で下車して寄りました。

親会社は株式会社エイトで、ラーメンに限らずいろいろな飲食店を運営している会社です。

着丼した瞬間は泡っぽい見た目でびっくりしましたが、美味しかったです。

若めの店員さん達が元気よく接客してくれたのが印象に残っています。

店の外観

場所・地図

 

【神奈川】大船『中華蕎麦キミカゲソウ』のINGS系ラーメンを食べた。

大船駅近くに以前存在していた『888(みつばち)』の跡地に新たなラーメン屋がオープンしました。

らぁ麺はやし田というお店で有名な㈱INGS系のラーメン屋です。

ここの立地はラーメン屋の入れ替わりが激しいのですが、はたして大船の地に長く根付いてくれるでしょうか。

券売機メニューはこんな感じ。

つけ麺も心惹かれましたが、初訪問なので看板に名を冠する中華そば系を注文することに。

ノーマル800円でもよかったのですが、せっかくならと1000円の『特製中華そば』にして具材を豪勢にして、いざ待機。

カウンターとテーブル席があり、カウンターはセパレーションで区切られています。そのセパレーションにはこだわり掲示が。

さて、着席してから5分程度で着丼。

ナルトがキュートですね。

味は期待よりも美味しかったです。

麺量が物足りなかったので、私は次回来るとしたら大盛りにしようかなと思いました。

小麦の価格高騰の影響でしょうかね。さびしい...

煮干しスープだからか、海苔と絡ませて食べたら海の風味で相性抜群でした。

濃厚と謳いつつもザラザラドロドロにておらず、スッと飲めました。

ただ、この濃厚煮干しスープはつけ麺の方が本領を発揮してくれそうだと個人的に判断したので、後日つけ麺もチャレンジしてみました。

うん!やっぱりつけ麺だと、より濃厚で美味い。

個人的にはつけ麺の方が好きです。

ごちそうさまでした。

店の外観

場所・地図